玉ねぎの収穫期間近!今んところよかよー(^-^)

| トラックバック(0)

いよいよ春らしくなってきましたね。三寒四温とは、本当にぴったりの日本語です。

昨日は、久しぶりに佐賀県の玉ねぎ産地を訪問しました。佐賀県は全国有数の玉ねぎの産地ですが、昨年は、産地全体として非常に危機的な病害に襲われ、本当に苦労した生産者が多かった産地です。

 

たまねぎ畑そんな中でも、サンビオティックを土づくりから取り入れたTさんは、昨年は苦労しつつも、しっかりと収量を上げた生産者の一人です。

 

ふと思い立ち、Tさんの畑を覗いてみることにしました。

「おおお!これは立派なたまねぎ!」

圃場を見渡す限り、青々として素晴らしい生育です。

 

たまねぎ畑2

 

ちょうど、Tさんの奥様がいらっしゃったのでお話しを伺いました。

「Tさーん、どうですかー?」

 

 

 

 

 

奥さまは、にこにこして迎えてくださいました。

「ああ、お世話になりますね。いまんところ、調子よかですよー」

 

たまねぎ畑3

今年の佐賀の玉ねぎは、例年より1週間から10日くらい遅れていると聞きましたが、こちらの畑はそんな風には見えませんね。

 

(写真はレクスターという早生品種で、4月後半に収穫する品種です。)

 

 

葉はピンとたち、生命力を感じます。太い株元から、扇形に展開したツヤのある葉からは、発根の順調さと、リン酸やミネラルがしっかり効いてること感じ取れます。

平年よりも、寒さや乾燥など、天候条件がすぐれない中、大変素晴らしい生育だと思います。

「病気の方はどうですか?」と恐る恐る聞いてみましたら、

「そうですね、ゼロではなかですけど、よそから比べたら少なかですよ。よそは、ひどかところは、もうひどかですもんね。」

と、嬉しそうに微笑んでくれました。

このお顔を見るに、十分自信がありそうで、よかったーっと安心しました。

 

玉ねぎ4

(こちらは、T357という4月下旬の早生品種です。)

 

Tさんは、昨年と同じ圃場でも玉ねぎを連作しています。

それでも、連作障害らしいものはないですね。

これは、ワラと菌力アップをすき込み、土づくりをしたことで、ふわふわした土づくりを実現しているからだと思います。

 

やはり農業は、土づくりに始まり、土作りに終わるのかもしれません。

 

これから、近隣の圃場から病原菌がどんどん飛んでくる季節となります。

まだまだ油断ができませんね。これからの管理もしっかりお願いします。

 

がんばれ!佐賀たまねぎ!

 

by おおつか

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/680

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年3月14日 19:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「前作残渣のすき込みで青枯病に?解決しましょう!」です。

次のブログ記事は「引っ越し&リニューアルのお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。