サンビオティック農業通信10月号

| トラックバック(0)

サンビオティック農業通信10月号が更新・掲載されました。

今回も、よく読むとかなりビッグなニュースばかりですね!とくに一枚目の記事は、二つとも農業界を驚かせるようなニュースです!!

水稲は、8俵取れればまあまあ、12俵取れれば大豊作、と言います。今回の試験では、長崎地方の水不足のために田植えが遅く、 7月1日だったにもかかわらず、なんと680kg、つまり11.3俵の大豊作を実現しました。ただ、肥料を振って、 菌力アップを流しただけで、これだけの成果は、私たちも正直驚きました。

デコポンの減酸試験も画期的です。この調子で行けば、デコポンの年内だしさえ可能かもしれませんね。まあ、年内でなくても、 1月から出荷が可能になる技術ですので、本当に農家の収入がコロッと変わるかもしれない大切な試験です。日本には、 おそらく減酸コントロールができる農業資材は、「水」を除いてないでしょうから、まさに農業革命だといえます。

ぜひ、皆さんもご自分の畑で試して、ご自分の目で確認してくださいね。

サンビオティック農業通信10月号はコチラ
http://www.sunbiotic.com/about/example/090_1/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/448

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2007年10月24日 18:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「台風害茂木びわの劇的回復」です。

次のブログ記事は「サンビオティック資材中国普及の日々」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。