2010年6月アーカイブ

水田でしばしば問題になるガスの発生と藻(アオミドロなど)の発生。

一般の農家さんのこれまでの対処法は、
・チッソを添加し、わらなどの有機物の分解期間をできるだけ長くとる
・除草剤をやる(または手で取る・・・)

毎日食べるおいしいお米を作ってくれる農家さんには頭が下がる思いですね。

でも、そんな農家さんの苦労を軽減する技術が生まれそうです。

藻の発生比較

この写真は、長崎県西海市で試験している圃場の写真です。

右側の田んぼは、一般的な方法で土作りをし、田植えをした圃場です。田植え後すぐにガスが発生、アオミドロも増え始め、苗が育つ前に、田んぼの一面を覆ってしまいました。水が濁り、表層剥離の状態です。

一方、左側は代かき時に菌力アップを20リットル/反を施用し、代かきをした圃場。向こうの山を映し出すほど、水がきれいに澄んでいるのがわかります

もちろん、肥料の量も、田植えの時期も同じです。

アオミドロ通りがかった近くの農家さんは、たまたまだろうとか、肥料の量が違うんだろうとかおもって、何気なく通って行きますね。こんなに明らかな違いにも、気をつけて見る農家さんは少ないようです。

 

菌力アップの施用方法は簡単。代かき時、または田植え時に、水口から全体にいきわたるように流すだけです。

IMG_0623佐賀県で工夫された農家さんは、ボトルにいくつか穴をあけて少しずつ出るように工夫しています。これで田んぼ全体に均一に広がりますね。

 

 

ちなみ最近、「すでにアオミドロが広がった田んぼで、駆除効果がありますか?」というお問い合わせをいただきます。

そのような効果はおそらくないと思います。これはあくまで微生物ですから、藻を殺す作用はありません。すでに繁茂した藻を減らすには、手で取るか、除草剤をやるか、水を抜いて乾かすか、でしょう。

ぜひ、藻が繁殖する前に菌力アップをお使いくださいね。

ほのぼのと 舟 押し出すや 蓮の中 (漱石)

こちらは、去年のレンコンの収穫風景(佐賀)

画像 019

寒い中、大変な作業ですが、色白の美しい肌のレンコンが出てくれば、喜びもまた大きいですね。

レンコン栽培の方にとって、白く美しい肌のレンコンを栽培することはとても大切なことですね。その美人肌の秘訣は、意外なところにあります。

レンコンは、田んぼで栽培しますが、稲の田んぼよりも土が深く、水深もあるため、どうしても土壌が嫌気的になってしまいます。

そこで有機物の残渣が嫌気発酵して、ガスが出ることにより、レンコンの肌を傷つけてしまいます。

そこで、菌力アップが活躍します。
菌力アップの微生物は、嫌気環境下でもガスを発生することなく有機物をスムーズに分解します。これは、微生物資材の中でもとても特別な働きです。また、アオミドロなどの発生も抑え、水質がとてもよくなります。

レンコンの美人肌の秘訣は菌力アップ。植え付けから6月までに施用すれば、今年は特別な美人肌が見られるでしょう。ぜひお試しください。

(施用方法)

菌力アップ 20L/10a 全体にいきわたるように施用します。

 

by いくた

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このアーカイブについて

このページには、2010年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年5月です。

次のアーカイブは2010年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。