2012年11月アーカイブ

桜島のビワが立派ですごい

| トラックバック(0)

鹿児島は桜島で、ビワの栽培に情熱を傾けるサンビオティックファーマーの有馬会長。

相変わらず、素晴らしいビワを栽培されています。

CIMG0872

「見てみんね!」

と畑を案内してくださいました。

 

 

 

 

 

 

ビワ「ほら!」

ビワの花が上がってくる果梗枝を見てみると、「うわー、太いですね!!」

実は、有馬会長が栽培の力点を置いているポイントの一つは、この果梗枝の太さ。

これが、サンビオティックをやると非常に太くなります。

 

 

この強い枝が、L-2Lの立派なビワをそだてます。
しかも、大玉を4-5個つけても折れないのです。

 

CIMG0877

もうひとつ、サンビオティックをやるとこうなるんだ、と見せてくれたのがこれ。

写真では分りにくいかもしれませんが、

葉が厚く、布団のように強いうぶ毛がびっしりです。これなら、寒さにも強そうです。

 

 

畑は、新芽が次々と吹いていて、いかにも元気があります。

もはや他の追随を許さない、そんな感じの栽培技術です。

 

by いくた

サンビオティック栽培をされているかたは、ついついいろいろな作物にサンビオティックを試してみたくなるようです。

先日も、ふと鹿児島のビワ農家さんの圃場にいきましたら、里芋の畑を見せてくれました。

 

うわー、なんですか!里芋はこんなに大きくなるんですか!」

となりの畑は、普通の里芋。

普通の方は腰くらいの高さなのに、鈴成をやった部分だけ、背丈はハウスの天井に届かんばかりです

 

里芋

鈴成のすごいところは、これにはチッソはほとんど入っていないのに、これだけの生長を実現するところです。

チッソをやれば、これくらいの生長は不思議ではないですが、イモ類の場合は、栄養生長に偏って、いい芋ができないですね。

これは、収穫が楽しみです。

 

里芋にもサンビオティック。新たな可能性を見つけた気がしました♪

 

by いくた

 

先日、日本一のバラ園、鹿児島県のかのやバラ園に行ってきました?。


かのやバラ園こちらのバラ園では、サンビオティックを使ってもらっています

ご担当の方に「どうですか??」と聞いたところ、

「生育不良のところを、サンビオティックを試したところ、非常によかったです!」と大絶賛をいただきました

 

 

 

 

CIMG0932こちらが、サンビオティックの試験区です。

ひいき目にみたせいでしょうか!?

サンビオティックのバラが一番素晴らしかったですね?。

 

バラの季節はもうすぐ終わりです。
春の満開のバラが楽しみですね!

 

 

by いくた

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。