2013年7月アーカイブ

 

キュウリネコブセンチュウ

「あら!かわいそう!!

これはひどいですね!」

 

 

 

 

 

 

 

長崎県でキュウリ(胡瓜)を栽培されていらっしゃるMさん。

今年は、ハウスの端っこから、ネコブセンチュウがでてしまいました。

ネコブセンチュウの被害は、意外とわかりやすいかもしれません。早朝には元気なんですが、日が昇るとすぐにしおれてしまいます。発根障害により、根が水を吸いきれないんですね。

 

きゅうりネコブセンチュウ2困ったことに被害は、みるみるうちに広がってしまい、Mさんはいろいろ検討した結果、菌力アップしかないと、試してみることにしました。

数ある農業資材の中でも、ネコブセンチュウが出てからも対処できる資材は、ほとんどありません。

Mさんが、農協の指導員さんのお勧めで、菌力アップに最後の期待をかけたのも、無理もないかもしれないですね。

 

その後、キュウリはネコブセンチュウの被害から、みごと回復!

先ほど、「そのまま枯れることなく、最後までしっかり採れたよ!」と嬉しいご連絡がありました。

半分あきらめていたキュウリが、しっかり収穫できてMさんも大喜びです。

 

ウリ科のネコブセンチュウは、猛威をふるうと全滅する恐れもある怖い土壌病害です。

本当によかったですね!これからも、たくさんのキュウリがとれるよう、応援していきますね。

 

by いくた

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このアーカイブについて

このページには、2013年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年6月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。