四季のメモ書きの最近のブログ記事

 

ブログをご覧の皆さま、サンビオティック資材をご利用の皆さま、

明けまして おめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になり、
心より御礼申し上げます。

本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

2017年ということですが、どのような抱負を持って新年を迎えられましたでしょうか。きっと良い出会いと、実り豊かな一年になると信じております。

 

さて、新年早々ですが、私は先日、とある有名な歯医者さん2名の方が、健康についてお話しされる勉強会に参加してきました。

長崎県のU先生と、香川県のM先生です。(許可を得ておりませんので、実名を控えますが、知りたい方はお問合わせください。)

このお二人は、ほとんどの歯科医が言わない健康の「真実」を、ざっくばらんに教えてくださいました。とても勉強になりました。

 

そこで今日は、皆さまに、この一年(と言わず、これから死ぬまで!)、元気に農業をがんばって頂きたいという願いを込めて、勉強会で教えてもらった健康になるための重要ポイントを踏まえて、情報を共有したいと思います。

ぜひ読んでいただき、一緒に実践して元気に一年を過ごしていきましょうね!

 

1.血中酸素濃度を高めること

人間は、酸素を使ってエネルギーを得る生きものですから、酸素が一番大切ですね。でも、実は足りているようで足りていないのが酸素かもしれません

深く息を吐き、深く息を吸う。

やっぱりこれが、健康の基本なんだと思います。

今回の勉強会で明らかになったのは、口呼吸を鼻呼吸に変えるだけで、姿勢が矯正され、歯並びが良くなり、顔が良くなり(美男美女になる)、頭が良くなり、アレルギーやうつ病、成人病などが治り、はつらつと人生を送れるようになるという事実です。ウソのようなホントの話!

呼吸を変えるだけで、人生が変わる!
ものすごいインパクトですね!

その理由は、口呼吸よりも鼻呼吸の方が圧倒的に、酸素を多く取り込めるからだそうです。多くの人が気づいていませんが、歯並びが悪かったり、心身に病気を抱えた人の多くが、起きている時や、寝ているときに口呼吸をしているそうです。

では、鼻呼吸を口呼吸に変えるポイントは、

(1)鼻洗浄を習慣に!


もうこれは、歯みがきよりも大切な必須の習慣のようです。鼻の中をキレイに洗い流すこで、気道を確保するんですね。鼻炎の方、鼻づまりの方に限らず、鼻洗浄はすごく効果的で、続けると鼻炎も治るそうです。

聞くと、お勧めの鼻シャワー器具は、「サイナスリンス」というものがお勧めだそうです。私も早速買いました。(笑)
※洗浄液は、食塩1%濃度のぬるま湯を自分で作るのが安く済みます。

 

(2)「あいうべん体操」で、口や舌の筋肉を鍛える!

「あいうべ体操」というのをテレビでみてご存知の方もいらっしゃると思いますが、M先生は「あいうべん体操」を提唱していらっしゃいました。

大きな口で、あ(のどちんこが見えるくらい)・い・う・べ(ベロを出す)・ん(舌をしっかり上にくっつけて)、を1日5分発声します。

これで、筋肉が鍛えられ、鼻呼吸に変わっていくそうですね。

 

(3)口テープで、強制的に鼻呼吸に!

癖と言うのはなかなか治らないものですよね。そこで、口にテープを貼って、強制的に鼻呼吸の習慣をつけるそうです。

最初は、縦にテープを貼り、自信が付いたら横に貼ります。寝る時に毎日実践してみましょう。いびきも治り、病気にならない体に近づいて行きます。

なお、鼻づまりのひどい方は、やめましょう!(笑)

 

2.糖質を控えて、体に良い食べ物を食べること!

糖質制限ダイエットというのが流行っていますが、これは一過性のブームとあなどる無かれです。

糖質制限というのは、「免疫向上」に関する本質を含んでいるようです。

血糖値が高い、または急激に高くなるような食生活を続けると、内臓や血管が弱り、免疫力が低下して、その結果、糖尿病はもちろん、ガン、心筋梗塞や脳卒中、アレルギーや花粉症など多くの病気を発症します。

たとえば、ジュースやお菓子、アイスクリームはもちろん良くありませんし、砂糖を料理に使うことや、小麦粉を原料としているパンや麺類、またイモ類などの炭水化物を積極的に控える方が良いですね。

 

また、これは農業生産者にとっても重要な部分ですが、食事から多くのミネラル(微量要素)を取れるように努力しなければなりません。(そのような作物の育て方は、また後日書きたいと思います。)

お米は、できるだけ玄米か3分づきくらいにして、ミネラルの豊富な栽培法で育った野菜や海草を食べるように意識したいですね

 

また油脂は、料理を美味しくし、重要なエネルギー源でもありますが、オリーブオイル、アーモンドオイル、ベニバナ油やグレープシードオイル、MCT(中鎖脂肪酸)などの油を選択した方が良いですね。なかでも、EPAやDHAという青魚に含まれる油は、積極的な摂取が勧められています。

詳しくは、「ケトン体」に関する書籍を一読されることとお勧めします。

 

3.体を温めること

特にお腹を冷やすことは、良くないですね。免疫力の源は、お腹(腸)ですので、温かい食べ物を食べたり、体を温める食材(生姜やにんにく、トウガラシなど)を大事にしたいものです

また、お風呂で十分に温まることも大切ですし、体が温まるような軽い運動習慣を持つことも大切なポイントですね。

ちなみに、お風呂と言えば、石鹸・シャンプーですが、髪や肌の美しさを保つためには、石鹸(シャンプー)で極力洗わないことも大切と言われています。それは、肌や髪を守っている微生物を殺し、保湿成分を洗い流してしまうためです。

これは、歯磨きも同様で、歯磨き粉は基本的に使うべきではないようです。虫歯や知覚過敏の元凶ということが分かってきています。気持ち悪いという方は、昔ながらで「塩」で磨くくらいがちょうど良いのかもしれないですね。

 

現代の潔癖思想、清潔思想は、微生物との共存という大切なテーマを無視した、とても自分勝手な考え方です。

サンビオティック農業でも大切にしている、微生物との共存という考え方は、いま最も重要な生命感です。私たちは、だれも一人で生まれて一人で生きている人はいませんし、無数の微生物や生きもの(食べ物)のお陰で生きていますよね。多くの生命が有機的につながって生きているわけですから、むやみに殺菌すれば良い、害虫を殺せばよい・・・という考えは、やはり間違いだと思うのですよね。

人間の腸内も、肌や髪も、そして植物も動物も、微生物とともに生きてこそ、その生命力をもっとも引き出せるんですね。

 

 

今回は、私たちの健康という話題をテーマに、最新の研究者の成果をご紹介しました。とはいえ、実は本当に一番大切な健康のポイントは、ずばり「笑顔」かもしれませんね!なんと言っても「病は気から」ですからね!

 

今年も、皆さまが、日々笑って楽しく農業ができますように、お祈りして新年のあいさつと代えさせて頂きます。

微力ながら、本年も精一杯応援させていただきたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

/社員一同

謹賀新年

| トラックバック(0)

謹賀新年花謹賀新年


新年明けまして、おめでとうございます!
旧年中は、大変お世話になり誠にありがとうございました。


お陰さまで、サンビオティックが年を増すごとに、先進的な農家様、農業法人様にどんどん取り入れていただいて、「あ、菌力アップ知ってる!」と言われることが非常に多くなりました。

新聞、雑誌等の宣伝は一切しておりませんが、このようにたくさんの反応を頂けるようになったのは、本当に驚きです。きっと、ご愛用くださっているユーザー様が知人・友人へご紹介いただいている結果ではないかと思い、とても嬉しく思っております。

本年も、サンビオティックの開発理念としての
「使いやすい農業資材」
「効果の高い農業資材」
「安くてたくさん使える農業資材」
のスタンスを崩さず、お客様のお役にたてる農業資材開発と技術サポートをして参りたいと思います。サンビオティック農業資材チーム一丸となって、全力で皆さまのサポートをして参ります。

本年の皆様の五穀豊穣とご多幸を心よりお祈り申し上げますとともに、本年も倍旧のお引き立てを賜りますようよろしくお願いいたします。

 

皆様 新年明けましておめでとうございます。
早いもので、2015年も始まったかと思ったら、もう2週間が経過しました。

旧年中は、皆様に驚くほどのご支持を頂き、文字通り猫の手も借りたいほど忙しい中、無事に乗り切ることができました。

皆様には、心より感謝申し上げますとともに、本年のますますのご発展をお祈りいたしております。

 

IMG_4111さて、農業を取り巻く環境は年々厳しさを増しているかのように思います。TPPを目前にして、異常気象や消費低迷などの影響か、相場の乱高下は農業経営を苦しめております。また、食品偽装や異物混入など、食の安全安心に関する目は、まだまだ厳しくなりそうです。

そう言った中、良い材料も増えているように感じます。

たとえば、農家の中には一人勝ち状態で、非常に儲かっている方が増え始めてきましたことです

 

そのような方の特徴は、天候不順に負けない強い栽培技術、それも多収穫・高品質を実現する農業技術を習得した方が、一人勝ち状態なのです。

 

考えてみたら、当然ですね。豊作貧乏という言葉があるように、周りが豊作の時に、自分も豊作では、相場は暴落し、儲かることはありません。でも逆に、他の方が天候不順で不作の時に、高品質なものを山ほど取っている方が、儲からないハズがありませんね。

 

技術はどんどん進化しています。十年前の農業技術体系では説明のつかない、多収穫・高品質栽培の技術

これからの農業は、これができるかできないかが、運命の分かれ道かもしれません

 

IMG_1887サンビオティック農業では、そう言った多収穫・高品質を実現する応援を、ますます力を入れてやっていきたいと思います。これまでの勘や経験に頼った方法から、より科学的で、誰にでもできる方法へ。

 

また、農産物の安全安心高品質を実現するための、安全安心で環境保全型の農業資材の開発、提供を続けて参ります。

 

2015年も、農業技術の向上に貢献できるよう全力を挙げてがんばります!
皆様、どうぞよろしくお願いいたします。


サンビオティック農業資材スタッフ 一同

 今日はとっても冷え込んでいます。なんと今日は長崎も雪。山が真っ白になるくらいの綺麗な雪。 最近は温暖化でこんな風に雪が降ることも珍しくなっています。

 雪はいいですね。なんかすべてを洗い流してくれるような、清清しい気持ちになります。 冷たく乾いた空気がキリッと心を引き締めてくれます。

雪かぶるさざんか

 

 

 

 

 

 


 

 写真は会社に咲いている山茶花(さざんか)。粉雪をかぶりながら身を寄せ合いながら必死に寒さに耐えているようです。 動けない植物はかわいそうに思えますね。人間は自らの意思で自由に動くことができるのですから、どんなに厳しい「冬」でも、 明るい気持ちと笑顔で乗り越えてやろう!そんな気持ちになりました。

謹賀新年 農業新年!

| トラックバック(0)

皆様、明けましておめでとうございます。
新年を迎え、心を新たにしておられることと思います。

昨年は農業を取り巻く環境はますます厳しく、農業者にとって耐える年でした。
さて今年はどんな年になるのでしょうか?

きっと良い年になる!
農業にとって変革の年になる!
2009年は農業新年である!

と信じてがんばりましょう!
そのためには、価格競争に負けない付加価値の高い商品作り、病気や害虫に負けない栽培技術で乗り越えるしかありません。安全、安心、 強力な微生物資材「菌力アップ」 や、効果的にリン酸を効かせる有機肥料「鈴成」 などぜひご活用ください。

今年もサンビオティック農業資材が皆様を力強く応援できるよう精一杯がんばります。
またホームページのリニューアルなど準備を進めています。

ぜひ本年もよろしくお願いいたします。

by なかはら、いくた

腐葉土の作り方

| コメント(0)

 日本人は、四季折々の景色にとても敏感ですね。
はらはらと散りゆく落ち葉にさえ心を動かされるほど繊細で豊かな感受性。すばらしいと思います。落ち葉を活用

 

 

 

 

 

 

 

 しかし、この落ち葉。鑑賞するだけではもったいない天然の資源です。農業やガーデニングの方はぜひ、 手作りの腐葉土作りをチャレンジしてみてはいかがでしょう?意外と簡単で、自然のぬくもりを感じる、これも風流な、そしてエコな方法です。

意外と簡単な腐葉土の作り方

1.近くの山や公園など、かわいそうに邪魔者扱いされている落ち葉たちを拾ってきます。ゴミ袋などに、 かさばるので足で踏みつけながら詰め込みましょう。落ち葉だけでなく、枯れ草や稲わらもOKです。ただし、 イチョウの葉などの針葉樹の葉など硬そうなものは分解に時間がかかるので大量に集めるのは避けましょう。

2.ホームセンターなどで油粕や、コイン精米機で無料の米ぬかを手に入れましょう。

3.土のう袋やゴミ袋、または大き目の木箱などを用意します。ポイントは密閉しないこと、です。ゴミ袋などは、 小さな穴を開けておき、空気が通るようにしましょう。

4.その入れ物に、拾ってきた落ち葉を薄く敷き詰め(5-10cm)、十分に水を掛けて濡らし、足で踏み固め、 そして上から米ぬかや油粕をぱらぱらとまきます。また落ち葉を敷き詰め、水をかけ、固めて米ぬかをまく。。。。これを繰り返します。つまり、 よく濡らしながらサンドイッチにするわけですね!

5.2?3日で天然の枯草菌(こそうきん)や放線菌達が働き出し、ほかほかと熱が上がってきます。手や足を入れてみてください。 あったか-い。 ほっと自然の働きに癒される瞬間です。

6.1ヶ月に1回?2回、取り出して4番の作業を再度繰り返します。これは、微生物が活動するのに必要な水分と空気を補給するためです。 これを切り返しといいます。できれば、米ぬかをサンドイッチしましょう。

7.全部で6回?10回ほど切り替えし作業をしたら、もう落ち葉は土へと変わっているはずです。すこし硬いものでも、 手でぼろぼろと崩れるほど分解が進んでいるでしょう。しかし、 これをすぐに使うのはまだ早いのです。そのままの状態でよいので、3ヶ月ほど休ませましょう。微生物たちが窒息してはかわいそうなので、 たまに空気の入れ替えをしてあげると良いですね。

これで、自家製腐葉土の出来上がりです。植木鉢に使ったり、畑に使ったり、 花壇に使ったり。

もみじの落ち葉

 

 

 

 

 

 

 

冬の落ち葉たちが、来年の植物の元気の源になるんですね。自然のサイクルはすばらしいものです。 ぜひ子どもたちと一緒にチャレンジしてみてくださいね。

アスパラ栽培に劇的効果!

| トラックバック(0)

アスパラ農家の田口さん

長崎県のアスパラ農家の田口さん。

 今年は、アスパラガスが生育不良で、収量が前年の6割にまで落ち込んでしまいました。天候のせいとはいえ、 生活に直結する厳しい状況です。

 ところが、同じ部会の仲間である相川さんは、前年と同じ収量を維持し、ニコニコと上機嫌。単価も上がっているので、 収入が増えているのです。

 相川さんに聞くと、その秘密はサンビオティック栽培でした。 そこで田口さんも早速サンビオティック資材を取り寄せ、緊急対策でリン酸・カルシウムの有機肥料「鈴成」をまき、 菌力アップ糖力アップの施用を実施しました。

上向きのアスパラ2

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、菌力アップ+糖力アップを潅水した列のアスパラです。一気に勢いを増し、葉に勢いがあります。 葉先がむくっと上を向いているのが分かります。素晴らしい生育に田口さんも満足。

 そして、もっとビックリしたのは、菌力アップ+糖力アップの潅注区

上向きのアスパラ

 

 

 

 

 

 

 

 見てください!葉全体が上向きに約30度立ち上がっています!
 アスパラは通常、葉が垂れ下がっているのが普通。まだ木が小さいとはいえ、こんなに葉が立ち上がるのは初めて見た! と田口さんも驚きを隠せません。

 根の周りに菌力アップと糖力アップを潅注すると、こんなにも元気になる、という典型例ですね。この調子なら、 今年の夏の収獲は期待できそう、と田口さんも笑顔になりました。

 今年からサンビオティック栽培を始めれば、 来年はもっと期待できます。
アスパラ栽培が楽しい! そんな声をもっともっと広げるために、サンビオティックをさらに普及していきたいと思います。

by なかはら

ハイビスカスロード

| トラックバック(0)

タヒチ パペーテ
静かな海に
火山島ぽっかり
浅黒い肌の女
黒髪に ハイビスカス
気軽な髪かざり
老いも若きも
人生の輝きを彩る
陽光の花 ハイビスカス

沖縄 宮古・石垣
少し哀愁を帯びて
珊瑚環礁の潮騒
垣根のハイビスカス
黒あげはの群舞
後生花と呼ばれ
貧しい昔の手向け花
永遠の人生の安らぎを彩る
日陰の花 ハイビスカス

青い海が似合う
ハイビスカス
壮大な海上の道を流れて旅する

流れつく先で
花の命のきらめき
人の命の躍動
永遠の命の沈黙
あやなしている小宇宙

蕎麦三昧

| コメント(0) | トラックバック(0)

DSCF1112

蕎麦かみしめれば
産土(うぶすな)の光はじける
湧き出た水から放たれる
あの原初の光なんだな

蕎麦かみしめれば
山の緑の
風の匂いもすこし
「どうだい、うまかんべな」
由緒正しい
なまり耳に届けば
一期一会の蕎麦三昧

生きている
喜びも
少しかみしめて

もくれんのつぼみ

| トラックバック(0)

もくれん いよいよ年も押し迫り、2008年がやってこようとしています。
2007年にお世話になりました方々には、年賀状に代えてここでお礼を申し上げたいと思います。
2007年は、慌しいなかサンビオティックの普及を通じて、さまざまな成果のあった年でした。

やっと仕事も一息つき、寒空のした、 ふと庭のもくれんを見てみると温かい毛玉に包まれた小さなつぼみが春を待っていました。まだまだ、サンビオティックもこれからですが、 もくれんの花のように、2008年が大きな開花の年になることと大きく希望を膨らませているところです。

皆様におかれましても、2008年が自然災害や病気などなく、 豊かな心で自然と共に実りを共有できる年でありますようにお祈りいたしております。また、サンビオティックをこれまで同様に、 いやこれまで以上にご愛顧いただけますようお願いいたします。

本年はお世話になりました。そして、また来年もよろしくお願いします!

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち四季のメモ書きカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは花農写画詩です。

次のカテゴリは施用方法〜作物別です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。