最近いただきましたユーザー様の声

| コメント(0) | トラックバック(0)

立枯れが激減しました!

FAX鹿児島県南九州市 Y様

(原文転載)

お世話になっております。菌力アップ到着後、連絡の通りに100-200倍希釈で数回使用しました。

昨年は7割強が立枯れで大打撃を受けましたが、今年は立枯れは比べ物にならないくらい少なく大変助かりました。有難う御座いました。

スタッフコメント:ありがとうございます!いろいろ事情があって立枯れが出ていますが、微生物の力でこれからも改善すると思います。チッソ過多を改善するため、微生物+もみ殻+ゼオライトでの改善をご提案します!

アスパラの茎枯れが激減しました!

佐賀県佐賀市 A様

去年まで、アスパラの茎枯れ病で本当に困っていました。農協の方に試験的にやってみては、と菌力アップを勧められたのですが、施用すると、うそのように減りました。まだゼロではありませんが、収量もよく、出会ってよかったと感謝しています。

スタッフコメント:茎枯れ病は本当に恐ろしい病気です。圃場全体に蔓延し、ひどい場合は枯死を招きます。農薬などでも手のつけようのない病気です。今回は、フザりウム等の病原菌だろうと判断し、改善する可能性があったのでおすすめいたしました。改善して本当によかったです。これからは、良質の有機物を施用し、根本から生物相を変えていくことも考えた方がいいでしょうね。

 

イチゴのうどん粉病が減りました

長崎県 K様

イチゴの栽培をしていますが、菌力アップと鈴成を、やるとたしかにうどん粉病が減りますね。そこで効きたいのですが、菌力アップを葉面散布すると、うどん粉病が死にますか?

スタッフコメント:うどん粉病はチッソ過多でどうしても出やすくなりますね。とくに春先に地温が高くなると急激にチッソを吸って軟弱なり、うどん粉病が止まらなくなってしまいます。菌力アップは、余剰チッソを吸収してくれますし、鈴成はリン酸とカルシウムを効かせることで葉を強化し、うどん粉病を軽減します。
ただ、菌力アップを葉面散布してもうどん粉病は死にません。菌力アップのほとんどは土壌微生物ですので、葉面ではあまり活動しないからです。

青枯病や高ECにいいようですね

宮城県 Y様

減農薬をやっているので、トマトの太陽熱消毒に菌力アップ鈴成を使いましたが、いつもより青枯病が1/10に減りました。またECが高く栽培が難しい圃場でも菌力アップをやったところ、収量がかなり増えました。微生物は塩類障害にもいいようですね。

スタッフコメント:ありがとうございます。菌力アップは、高ECの圃場で作れない所で試験して、普通に生育することが実証しています。微生物の力はなかなかすごいものがありますね。

 

その他のユーザー様の声はこちらをご覧ください

最近いただきましたユーザー様の声(2011.1.18)

最近いただいたユーザーざまの声(2010.7.14)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/550

コメントする

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年4月27日 18:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「春の施設栽培は、リン酸とカルシウムが重要!」です。

次のブログ記事は「自社農園のみかんの花が咲きました♪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。