自社農園のみかんの花が咲きました♪

| トラックバック(0)

Exif_JPEG_PICTURE

長崎ではみかんの花がようやく咲き始めました。

通常ならゴールデンウィークには満開になるのですから、10日、いや2週間遅れですね。

きっと、極早生、早生種の収穫も若干遅れるようにおもいますね。心配です。Exif_JPEG_PICTURE

今年は、ご覧のとおりのベタ花です。枝にびっしりと花がついて、これがすべて結実すると、樹にとって大変な負担となります。そして来年の花が咲かなくなるんですね。

毎年たくさんの花をつける、それがおいしさの最大の秘訣です。そこで、かわいそうですが花を半分以上落とす必要があります。

Exif_JPEG_PICTURE

花が多い枝の切り戻しを行い、花を落とすと同時に、萌芽を促進します。さらに不要な花は手でそぎ落とします。

するとこのように、来年の結果母枝がでてくるようになります。

さらに、梅雨前に有機配合肥料の有機百倍、そして発酵リン酸の鈴成を与え、着荷負担に耐える強い木を育てます。

Exif_JPEG_PICTURE

温かくなるとミツバチも、人間も大忙しです^^

by いくた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/551

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年5月14日 15:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近いただきましたユーザー様の声」です。

次のブログ記事は「塩害農地の微生物による回復」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。