玉ネギの育苗試験におっタマげた!!

| トラックバック(0)

玉ねぎの育苗試験をしています。

びっくりしました。あらためて、菌力アップってすごいなあと思いました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         この写真は、玉ねぎを地床で播種し、育苗の比較をしている写真です。

播種は9月15日ですから、約3週間の時点です。

菌力アップ区は、発根が旺盛です。茎周りの太さが、直径1mmほど違います。背丈も2cm以上違いますね。

そして、重要なのは葉の展開数です。菌力アップの方は、すでに3枚目が展開しているんです

たった一回の菌力アップの潅水で、これほど変わるとは!私たちも驚きです。

この試験は、玉ねぎの定植時期をもっと早くできないか、ということで始めた試験です。菌力アップで、1週間定植を早くできれば、玉肥大など、とてもメリットがあるのです。

この調子なら、うまくいけば10日、いや15日早まるかもしれません。

まずはご報告まで。

by いくた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/559

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2011年10月 8日 10:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みかんの色づきを早める方法」です。

次のブログ記事は「ごぼう栽培の急所 菌核病対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。