トマトの農薬に頼らない土壌消毒法

| トラックバック(0)

農家さんの共通の悩み、それが連作障害なのではないでしょうか?

中でも、(連作障害のひとつの)トマトの青枯病はとても強力な病気で、
その名のとおり、青いまま枯れてしまいます。

本当に恐ろしい病気です。

トマト青枯れ病

青枯病に感染したトマト

こんなふうになってしまいます!

 

(写真:こうち農業ネットより)

 

 

 

しかし、しっかりと予防すれば、恐れることはありません。

連作障害対策のひとつに太陽熱消毒があります。
消毒にはクロルピクリンなどの薬剤を使うのが一般的ですが、
近隣住民や農家への配慮や、薬剤耐性菌の発生などの問題点が
ありますね。


そこで、菌力アップを使用した太陽熱消毒法をご紹介します。
トマトの菌力アップによる太陽熱消毒法には実績があります。

東北のある農協の部会員の方から、
「青枯病対策に良い方法はないだろうか?」とご相談を受けました。

「農薬は使いたくないけど、良い方法(技術)がない」というのです。
「このままでは産直販売に影響する」と かなりお困りのようでした。

そこで、菌力アップによる太陽熱消毒と、継続的な予防法を
試して頂きました。

太陽熱消毒

太陽熱消毒の様子

 

 

 

 

 

すると、いとも簡単に青枯病の発生を抑えてしまったのです!!

しっかりとした発酵熱による殺菌と、善玉菌を維持する
菌力アップの定期潅水がポイントだったんですね。


安くて安全な、そして安定した土壌消毒法。
少しでも、ぜひ導入されてみてはいかがでしょうか?


詳しい方法とポイントはこちらをご覧ください。



効くのは青枯病だけじゃない!

トマトの青枯病や萎凋病、半身萎凋病、根腐萎凋病、 フザリウム、ピシウム、線虫(センチュウ)、根こぶ線虫(ネコブセンチュウ)などに効果があります。

しかも、熱で殺菌するので、薬剤耐性がつかないので、
太陽熱消毒には限度がありません!

 

でも、菌力アップを使った土づくりを継続して
頂ければ、その必要もなくなるかもしれませんね! 

みなさま、是非お試し下さいね。


byいわまつ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/567

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2012年6月 7日 13:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミニトマトで増収と糖度アップを実現する方法」です。

次のブログ記事は「イチゴの増収! 萎黄病(イオウ病)も寄せ付けず!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。