安心安全、品質保証の「純正木酢液」が登場!

| トラックバック(0)

 

サンビオティック農業資材に、新たな仲間が加わることになりました

 

純正木酢液有機栽培、減農薬栽培の強い味方「木酢液」です。

 

この木酢液「純正木酢液」という商品ですが、
木酢液で問題になる、品質のばらつきや安全性基準が
すばらしい商品です。

 

木酢液は、農業への有用性が知られており、有機栽培や減農薬に取り組む農家さんや家庭菜園の方は、良くご存じですね。

土壌改良や植物のサプリメントとして、またその独特のにおいから害虫の忌避効果などを狙って使用されることが多いですね。

 

ところが、木酢液は有用だと言われながらも、製造の方法によってものすごい品質のバラつきがあること、特に安全性の問題が大きいことがわかっています。

 

とくに個人や小規模の工場などで作られている木酢液、海外から輸入されたホームセンターなどで販売されている木酢液には注意が必要です。発がん性物質有害物質がしっかりと除去されていないものが出回っている可能性があります。

このように木酢液の品質に、あまりにバラツキがあるため、農業に有用であることがわかっていながらも、農水省でもその評価に答えが出ていないものなんですね。

 

そこで、サンビオティックでは本当に安心してお使いいただける木酢液ができないものかと、ずっと考えていました。

 

そして、ついに出来ました!

農産物の安心安全は、農業資材の安心安全から、というサンビオティックの農業理念にぴったりの木酢液。

詳しくは、商品ページを開設して、ご案内しますが、「待ちきれない!」と言う方のために、ここにポイントをご案内しましょう^^

 

「純正木酢液」は、他の木酢液と比較して以下の特長があります。

純正木酢液安全性
1.広葉樹(ブナ、ナラ、クヌギ、ナラ中心)100%原料使用
 (建築廃材等を使用していません)

2.黒炭窯で排煙温度90ー150℃帯で製造される中温木酢
 (低温または高温では有害物質が多い) 

3.原液採取後、6カ月以上静置(一時精製:タールなど発がん性物質除去)後、 二次処理で成長阻害有害物質(カルボニール化合物)を除去(特許製法)

4.家畜に食べさせるレベルの安全性を確保
( 養鶏飼料に使用→「地養卵」ブランド )

5.木竹酢液認証協議会の認定
( 定期的な重金属、発がん性物質、毒性物質の検査)

 

品質
1.低く安定した平均ph2.68
( これほどの強酸性で安定した木酢はほとんどない)

2.茶褐色の透明感の非常に高い液体( 不純物除去 )

3.刺激臭が少ない( 有害物質除去 )

4.比重が高い ボーメ 1.5ー2.0 (有効成分が多い。市販のものでは水で薄めてあるものがある。ちなみに、3.0を超えるものは有害物質木タールを含んでいる可能性あり。)


純正木酢液で育てたスナップエンドウ基本的使用方法です。

・潅水 1000ー2000倍希釈 月2ー3回
・葉面散布 1000ー2000倍希釈 月2ー3回

かんたんですね。
葉が繊細な植物は、薄めの方がいいかもしれませんね。

 


販売価格
1L 1,500円(税別)
18L 10,000円(税別)

ですが、販売開始に伴って、さらにお得な

キャンペーン価格を設定しようかと考え中です^^

 

春になると、土壌の病原菌や害虫などがどんどん増えてくる季節ですね。
農業は、事前の準備が大切!

備えあれば、憂いなし!」です。

 

純正木酢水菜

 

(ちなみに、写真は純正木酢液と、にがり、コーソゴールドを混ぜて毎週散布しているスナップエンドウと水菜の写真です。

最近写真を取っていないので、最初の頃の写真ですが、もちろん無農薬でもすくすくと育って、もう立派に生長しています。後日写真アップしますね)

 

 

 

 

 

 

純正木酢液、ぜひあなたの農業のパートナーに付け加えてくださいね!

 

by いくた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/614

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2013年12月14日 18:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「嫌気性微生物と好気性微生物」です。

次のブログ記事は「年末年始休業のお知らせ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。