小麦の穂がグーングンと伸びました

| トラックバック(0)

 

この感動を、どうやったら伝えられるでしょう!?

すごい、すごい、の一言です!

 

九州は、佐賀平野で盛んに栽培されている小麦。
最近では、国産小麦の需要も高まっていて、大規模に小麦を栽培されていらっしゃる生産者も多いようです。

一面に広がる小麦の畑。

そのなかで、ひときわ輝くOさんの畑を訪ねました。

 

IMG_2248Oさんの畑は右

左は、他の生産者の畑。

 

すみません、写真が遠いのでわかりにくいですね。

 

Oさんは、今年小麦を、サンビオティックを導入して栽培してみました。

 

使用したのは、発芽後しばらくしてから、発根促進のため菌力アップコーソゴールドを散布しました。

その後、チッソが足りないので硫安をプラスし、さらに出穂前と後に、実入りを良くするためにコーソゴールドを500倍で散布しています。

 

写真ではわかりにくいですが、よーく近づいてみると、うわっ!
これは、かなりの違いです!

 

IMG_2252

 

こちらが、サンビオティックで栽培したOさんの畑

穂の状態を見てください。

 

定規を持ち合わせていなかったので、みなさんおなじみの?「Tポイントカード」で計ってみました。

Tポイントカードが、8.5cmなので、穂の長さがおおよそ9?10cm程度ありそうですね。

穂の一つ一つが充実していて、先端までぎっしり詰まっています。

写真だけで判断すると、18粒ほど見えますね。

これからコーソゴールドをもう一度やれば、登熟にむかって、黄金いろの輝きに変わってくることでしょう。

 

IMG_2253

 

一方こちらが、となりの畑。一般栽培の畑です。

 

穂の長さは、明らかにTポイントカードより短く、おおよそ7?8cm程度

穂の数は、写真から見るに15粒くらいです。

 

 

 

 

 

もちろん、どちらの畑も品種は同じ(チクゴイズミ)、植付などの条件も同じです。

今年は、冬の低温期が影響し、全体的に不作のようです。ですから、このお隣の畑は、こういう状態なんですね。

 

しかし、サンビオティックの畑はすごい!

この一目瞭然の勢いは、本当にすごいことだと思います。この調子なら、収量が2割程度違ってくるのではないかと思います。

 

今年は、どこも不作の年ですので、Oさんも

「去年と同じくらい採れれば、良かほうじゃろ?」と笑っていましたが、いやいや去年を超えるような勢いですよ。

 

さあ、梅雨前まで気が抜けませんが、きっと去年以上の豊作を実現してくれることでしょう!

 

サンビオティックは、いろいろな作物に応用範囲が広いです。
小麦、水稲栽培の方、ぜひご参考にしてくださいね。

 

by おおつか

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/621

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2014年5月 8日 10:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ミニトマト糖度アップ 驚くウマさのコツ!」です。

次のブログ記事は「選択性除草剤の薬剤ヤケ軽減」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。