生姜の連作障害(青枯病、疫病、根茎腐敗病)に立ち向かう土ごと発酵

| トラックバック(0)

 

佐賀県で、生姜の栽培に取り組むWさん。

ここ数年は、根茎腐敗病や青枯病、疫病、などに悩まされてきました。

生姜と言えば、連作障害である根茎腐敗病や青枯病、疫病は、とても厄介です。土壌消毒をしても、病原菌を種から持ち込む場合もあり、土作りの良し悪しが、栽培に直結する作物ですね。

 

そこで、サンビオティック農業資材菌力アップを利用した、土ごと発酵で善玉微生物を増やし、再度生姜栽培に取り組んでみることになりました。

 

菌力アップで土ごと発酵

まず、Wさんは土壌消毒後に、米ぬか200kg、五穀堆肥30袋/10a程度と菌力アップを10リットル/10aを希釈して全面散布しました。

 

作業時間としては、ものの1時間もあればできる作業です。

 

これから、トラクターで混和して整地していきます。作業はとても簡単ですね。

 

さあ、このひと手間が、どれくらいの効果を生むのか。私たちもとても興味のある実験です。

 

それから、一週間ほどたったころWさんからお電話がありました。

「大変なんですよ。畑が真っ白なんです!

「ああ、それは大丈夫ですよ。放線菌でしょう。」

畑に放線菌

 

早速見に行くと、なるほど土の表面に白い粉のようなものが吹いています。

 

 

 

 

 

畑に放線菌

 

アップでみるとこれ。

わかりますか??

 

白い粉のようなものが、土の表面に出ていますね?

 

そう、これが放線菌たちです。植物の健全な生育にとって、欠かせない善玉微生物。

一週間で、これほどまでに放線菌たちが増えてくれました。

 

土壌病害を考えるとき、これだけ善玉微生物を増やすということはとても大切なことです。微生物の世界には、人口密度と同じように、菌密度というものがあります。菌密度がMAXまで高まっている畑は、仮に何らかの原因で病原菌を畑に持ち込んでも、病原菌が蔓延しにくいんですね。

 

「この畑は期待できる!」直感的にそう感じました。

 

そして、3カ月たったころ(6月中旬)、そろそろいい結果が出ているかと思って、また圃場をお伺いしました。その時の写真がこれです。

IMG_2388

 

ご覧ください。素晴らしい生育。

 

やはり、と言っていいでしょう。病気一つありません。

 

 

 

IMG_2399

Wさんが驚いたのは、その生育スピードだそうです。

この畑、実は植え付けが近隣の農家さんより20日も遅れてしまったそうです。


挽回できるかな、、、と不安に思っていたところ、なんとすでに近隣の農家さんの10日先を進んでいるということでした。

とにかく、葉の展開スピードが早く、他の農家さんより2〜3節展開しています。茎もしっかりとしているということです。

 

IMG_2441

 

こちらは、さらに10日後の6月下旬の写真です。

Tポイントカードの宣伝ではありません(笑)

 

この生姜は、大生姜ですので、太い茎がしっかりと立ち上がれば成功です。Tポイントカードの黄色のライン(2cm)と同じくらいの、しっかりした茎が立ちあがっていますね。

IMG_2439

試し掘りが待ち遠しいので、すこし見てしまいました。(笑)

 

すでに一片の厚みが5cm以上はあるような肥大状況。うん、これなら収量アップは間違いありません。

Wさんも、ほっとした表情で
この前も試しに掘ってみたんですよ。そうしたら、根の張り方が尋常じゃないんですよ。こんなのは初めてですね。これなら絶対大丈夫と思いましたよ」と、にこやかに笑われました。

 

IMG_2443

 

これから、暑い夏を乗り越えて、無事に収穫まで頑張ってほしいものです!

 

Wさんの生姜たち、がんばれー!!^^

 

 

 

 

by 大塚

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/623

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2014年7月 3日 12:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「選択性除草剤の薬剤ヤケ軽減」です。

次のブログ記事は「玉葱のべと病対策がグッド!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。