西瓜(すいか)栽培の極意は、二番果までガッチリ!

| トラックバック(0)

先日ご紹介した、山形の大玉スイカ生産者O様の件では、驚きの実績。サンビオティック農業の実力を、すこし知っていただいたと思います。

 

(前回記事)
大玉スイカ4果獲り!まさに農業革命!

 

しかし、西瓜栽培の極意は、実はこれからです。大玉西瓜(すいか)では、小玉西瓜(すいか)とちがって、二番果はあまり品質が良くなく、おまけ程度に考えていらっしゃる方が多いですね。また、最初から二番果を狙っていない方も多いと思います。

 

しかし、もし二番果が、一番果と同じくらいの品質で、同じくらいの数が採れたら・・・??

 

そう考えると、わくわくしませんか?

IMG_3285

 

こちらは、長崎県で大玉西瓜を栽培されていらっしゃるYさんの畑です。

7月上旬?中旬に一番果を収穫し、現在すでに二番果がなっています。

 

収穫後に、サンビオティックの資材を活用して、しっかりと草勢を回復しています。

葉は青々として美しく、つるに力があります。

 

この方は、サンビオティックを活用し、毎年2番果までしっかりと成らせ、二番果でもサイズは2L以上、糖度は13度で指名買いの入るほどの生産者です。売れ行きのことも考え、2番果がちょうど残暑のころに収穫できるようにしています。

  


IMG_3287

サンビオティック農業では、大玉西瓜も二番果までしっかりとる、ガッチリ儲かる!ということを提唱しています。

そのためには、コツがあるので、ここで少しご紹介いたします。

 

1.一番果収穫まで、しっかり草勢を維持する。
※元肥に、有機百倍鈴成を活用し、定植後に菌力アップ潅水、着果後に糖力アップコーソゴールドを使用。

 

2.一番果は、すべて収穫、または持ち去り、圃場に一個も実が残っていない状態にする。また収穫時に絶対につるを踏み荒らさない。

 

3.一番果収穫後に、しっかりと防除・消毒し、菌力アップ糖力アップコーソゴールドを2回、たっぷり流す。

 

4.二番果が着果したら、糖力アップコーソゴールドを3回ほど潅水する。

 

これをしっかりと実行すれば、きっとあなたの畑でもびっくりするような現象が起こります。

 

西瓜栽培のかたは、ぜひ実践してみてくださいね。

 

by いくた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/628

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2014年7月30日 10:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大玉スイカ4果穫り!まさに農業革命!」です。

次のブログ記事は「びわ「なつたより」栽培 申し分ない味でした。(栽培マニュアルつき)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。