これからの玉葱や、にんにくのお世話は?

| コメント(0) | トラックバック(0)

10377173_808059122609575_7614472219839210937_n

 

お客さまからのお問い合わせ。
これからの玉葱やにんにくのお世話は?

 

>何時もお世話になります、にんにくと晩生玉ねぎですが、
>本日最後の施肥を行いました。これから先肥大期にかけての
>管理ですが菌力アップ、糖力アップ、コーソゴールドの
>使用方法をお知らせください。作物は共に生育順調です。

 

順調のようで良かったです。
これからの管理について、ご提案いたします。
6月収穫のものとして記載いたします。

 

3?4月
糖力アップ 500倍希釈
コーソゴールド 800倍希釈 混和して潅水または葉面散布 2?4回程度
(外葉の葉色が薄いようであれば、本格にがりをプラス)

 

5月
コーソゴールド 500倍希釈
または 純正木酢液 800倍希釈 葉面散布 1?2回

 

考え方としては、生育肥大期にかけて糖力アップにより アミノ酸態チッソと微量要素を供給します。

 

収穫1カ月前から、コーソゴールドや純正木酢液などで 玉肥大を進めつつ、チッソの消化を進め、締りの良い品質の高いものに仕上げていくと言うことです。

 

いずれも、農薬との混合も可能です。
ご参考になれば幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------

 

あ、ちなみにこの方は生育順調なのでこれでいいのですが、いま流行りのべと病などの病気が出ている方には、糖力アップは使えません。菌力アップと純正木酢液を潅水して、発根と葉面強化に努めましょう!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/640

コメントする

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2015年3月 7日 15:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネギ育苗技術に驚きのポイントあり」です。

次のブログ記事は「玉葱栽培、ここまで違うの?となりの畑がかわいそう。。。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。