最近頂いたお客様の声をご紹介します5

| トラックバック(0)

茨城県S様(ニガウリ農家)

「茨城でニガウリのハウス栽培を始めて、9年目の農家です。

連作による、土壌の病気、いわゆるネコブ線虫に毎年悩まされていました

ひどい年では、ハウス10棟の半数が全滅する年もあり、接木、土壌消毒や、線虫予防の薬剤など色々試しましたが、なかなか良い結果が出なくて、ハウスでのニガウリ栽培を休むかと悩んでいました。

今年も土壌消毒、接木、線虫予防の薬剤を行いましたが、定植から二ヶ月もたつとネコブ線虫に感染された株が枯れ始め、多数の株にネコブが発生してしまいました。

何か対策は無いかと、ネコブ線虫の対策などをネットで調べていたら、菌力アップの記事に目を引かれ、直ぐに注文、到着して直ぐに土壌に潅水(200倍液を液肥と同時に一週間おきに)し始めました。

使用して始めに感じたのが、なり疲れしていた株の樹勢が回復した事と、ネコブに感染した株が日中も萎れる事が無くなった事です。例年だとネコブに感染した株は日中の萎れが出たら、あとは枯れるのを待つだけでした。

それが止まるなんて、本当に驚きました。

菌力アップを灌水し始めてひと月経ちましたが、今のところ、収穫量も順調に増えて樹勢も素晴らしいです。

自分がニガウリを栽培している地区は若手の、いわゆる後継ぎ農家が多数いて、出荷終了したら生産者会議が開かれ、株当たりの出荷量、売り上げなどで順位が発表されます。

自分はネコブが発生した年から栽培期間も短く、出荷量も激減してしまい、ここ数年上位に入る事も出来ない状況でしたが、今年は菌力アップを有効に活用して、成績上位に入る事を目標にしたいと思います。

例年だと、ニガウリの栽培期間は5月から10月ですのでもう少しで折り返し時期です。
後半も菌力アップを定期的に使用して、栽培状況や気がついた事などを報告したいと思いますので宜しくお願いします。」

ネコブセンチュウで枯れた株

 

画像1)ネコブ線虫で枯れた株

 

 

 

 

 

ネコブセンチュウの感染が見られる株

 

 

画像2)ネコブ線虫感染が見られる株

画像3)画像2の株に菌力アップ使用でネコブが止まって生育が順調な株

画像3)画像2の株に菌力アップ使用でネコブが止まって生育が順調な株

 

 

 

 



 

 





 

愛知県K様(家庭菜園)

「ネコブ病などの土壌障害改善目的で購入しました。
週一で散布したら、わき芽の勢いが凄くて生命力を感じました
根っこも白くて張りが良いです。

今年は出来が良く、近所の方から良く褒められます。
サンビオティックさんの菌力アップのおかげだけどね。
後、草マルチの分解力が凄く早くなりました。草が間に合わん。(笑)」

空中栽培スイカ空中栽培メロン

 

愛知県I様(家庭菜園)

「先日、貴社の菌力アップを購入させて頂きました、Iと申します。

私の所ではプランターでトマトを栽培しています。
それが順調にいっていると思った矢先に突然枯れ出して(青枯病?)しまい、初めての野菜栽培で、原因も対処もわからずネットでいろいろ調べているところに、貴社の「菌力アップ」を知りました。

さっそく処方したところ、何日も経たないうちに変化がみられて驚いております。
枯れたような、灰色がかった色になってしまった茎からも、新しい芽が出てきました。何回か潅水をしていくうちに、芽が出るだけでなく、一部の茎自体が元の緑色に変わっていくようです

そして、株自体が強くなっているのか、今まで葉ダニのようなものにやられていた所も、それ以上ひどくならずに元気になっていくようです。3日おきに潅水して3回目になりますが、みるみる生き返り元気を取り戻していくトマトの様子に、家族もとても喜んでおります。本当にありがとうございました。

写真はわかりにくいのですが、今現在の様子で、最初の頃はほとんどが枯れたようになり、茶色っぽかったのが、今は緑色が増えてきています。(白くみえるのは支柱にくくりつけたひもです。)これからもしばらく潅水を続けていきます。

本当に本当に有り難うございました。」

ミニトマト回復

 

(写真)茶色に枯れかかった枝から、勢いよく芽吹いてきたところ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/665

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2016年8月 3日 10:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「落花生の栽培は、根粒菌にお任せ!」です。

次のブログ記事は「土づくりを意識した水稲栽培で玉ねぎにつなぐ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。