土づくりを意識した水稲栽培で玉ねぎにつなぐ

| トラックバック(0)

 

佐賀県は白石町。言わずと知れた、玉ねぎの産地ですが、昨年も今年も多くの方がべと病などの病害に苦しみました。

やっぱり、土づくりかね。。。

 

そうです。多くの生産者が、うすうす気づいています。

生産者と玉ねぎ栽培のこれからを考える時、やはりお話していることは「土づくり」です。有機物と微生物が減っている。これが今、一番足りないことだと思いますよ。

ある意味では、農薬や肥料などの進歩で、あまりに簡単にできてしまうからこそ、おざなりになってきたのが「土づくり」の技術かもしれませんね。

 

よし、今年は田んぼから土づくりばやるけん、教えてくれんね!

 

夢しずく

そういうわけで、来年の玉ねぎを高い志で迎え撃つと決意したKさんの田んぼを見てきました。

8月25日の写真です。

 

田んぼの代かきの時から菌力アップを投入し、土づくりに努めました。元肥の肥料も有機百倍鈴成を使用し、万全の態勢で挑みました。

 

 

夢しずくの稲穂さすがに、力強い生育です。ここはやはり、コメどころ佐賀の生産者です。稲が育つと気分も上がります!

 

 

 

 

 

 


 

 

夢しずく分けつ「ほらほら、こっちきてみんしゃーね!(こっちにきてごらん)

やっぱ、良かごたんねー!!

分けつのよかし、止め葉の太かろうが。(止め葉が大きいでしょ)」

 

笑顔その素敵なKさんが、周りの田んぼとの違いを教えてくれました。

たしかに力強い。丈も高く、葉が鋭く、そして稲穂が長いのです。

 

 

 

 

夢しずく Nさんそしてこちらは、Nさんの田んぼです。

 

(どうぞ、クリックしてアップでご覧ください。)

 

 

 

 

 

 

Nさんも、やはり田んぼから土作りに取り組みたいと、サンビオティックに取り組んでいます。

 

夢しずく稲穂「ほら、穂の重たかごたんろ?(穂が重たそうでしょ?)

こりゃあ、1ー2俵増えるかもしれんばい。

これで坪60株植えよ。なかなか良かやろ?」

 

栽培しているのは、佐賀で食味が良いと人気のある夢しずくです。収量の多くない品種ですが、今年は9俵以上行きそうだとのこと。

 

普段は控えめなNさんも、意気揚々としています。


 

夢しずく稲穂2食味と収量。生産者にとってはもっとも大切な部分ですよね。それを追求しながらも、目線は玉ねぎの「土づくり」へとつながっています。

 

このワラが大切な土づくりの材料になりそうですね。

 

 

 

 

 

 

あとは、台風の脅威をかわして実りの秋を迎えられますように。。。祈る気持ちで佐賀を後にしました。

夢しずくの実り

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

/おおつか

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/666

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2016年8月27日 11:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「最近頂いたお客様の声をご紹介します5」です。

次のブログ記事は「天候不順!不調のキュウリが10日後には見違えてビックリ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。