明けましておめでとうございます。と、今までで一番元気な一年を目指して「健康」の話題。

| トラックバック(0)

 

ブログをご覧の皆さま、サンビオティック資材をご利用の皆さま、

明けまして おめでとうございます。
旧年中は、大変お世話になり、
心より御礼申し上げます。

本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。

 

2017年ということですが、どのような抱負を持って新年を迎えられましたでしょうか。きっと良い出会いと、実り豊かな一年になると信じております。

 

さて、新年早々ですが、私は先日、とある有名な歯医者さん2名の方が、健康についてお話しされる勉強会に参加してきました。

長崎県のU先生と、香川県のM先生です。(許可を得ておりませんので、実名を控えますが、知りたい方はお問合わせください。)

このお二人は、ほとんどの歯科医が言わない健康の「真実」を、ざっくばらんに教えてくださいました。とても勉強になりました。

 

そこで今日は、皆さまに、この一年(と言わず、これから死ぬまで!)、元気に農業をがんばって頂きたいという願いを込めて、勉強会で教えてもらった健康になるための重要ポイントを踏まえて、情報を共有したいと思います。

ぜひ読んでいただき、一緒に実践して元気に一年を過ごしていきましょうね!

 

1.血中酸素濃度を高めること

人間は、酸素を使ってエネルギーを得る生きものですから、酸素が一番大切ですね。でも、実は足りているようで足りていないのが酸素かもしれません

深く息を吐き、深く息を吸う。

やっぱりこれが、健康の基本なんだと思います。

今回の勉強会で明らかになったのは、口呼吸を鼻呼吸に変えるだけで、姿勢が矯正され、歯並びが良くなり、顔が良くなり(美男美女になる)、頭が良くなり、アレルギーやうつ病、成人病などが治り、はつらつと人生を送れるようになるという事実です。ウソのようなホントの話!

呼吸を変えるだけで、人生が変わる!
ものすごいインパクトですね!

その理由は、口呼吸よりも鼻呼吸の方が圧倒的に、酸素を多く取り込めるからだそうです。多くの人が気づいていませんが、歯並びが悪かったり、心身に病気を抱えた人の多くが、起きている時や、寝ているときに口呼吸をしているそうです。

では、鼻呼吸を口呼吸に変えるポイントは、

(1)鼻洗浄を習慣に!


もうこれは、歯みがきよりも大切な必須の習慣のようです。鼻の中をキレイに洗い流すこで、気道を確保するんですね。鼻炎の方、鼻づまりの方に限らず、鼻洗浄はすごく効果的で、続けると鼻炎も治るそうです。

聞くと、お勧めの鼻シャワー器具は、「サイナスリンス」というものがお勧めだそうです。私も早速買いました。(笑)
※洗浄液は、食塩1%濃度のぬるま湯を自分で作るのが安く済みます。

 

(2)「あいうべん体操」で、口や舌の筋肉を鍛える!

「あいうべ体操」というのをテレビでみてご存知の方もいらっしゃると思いますが、M先生は「あいうべん体操」を提唱していらっしゃいました。

大きな口で、あ(のどちんこが見えるくらい)・い・う・べ(ベロを出す)・ん(舌をしっかり上にくっつけて)、を1日5分発声します。

これで、筋肉が鍛えられ、鼻呼吸に変わっていくそうですね。

 

(3)口テープで、強制的に鼻呼吸に!

癖と言うのはなかなか治らないものですよね。そこで、口にテープを貼って、強制的に鼻呼吸の習慣をつけるそうです。

最初は、縦にテープを貼り、自信が付いたら横に貼ります。寝る時に毎日実践してみましょう。いびきも治り、病気にならない体に近づいて行きます。

なお、鼻づまりのひどい方は、やめましょう!(笑)

 

2.糖質を控えて、体に良い食べ物を食べること!

糖質制限ダイエットというのが流行っていますが、これは一過性のブームとあなどる無かれです。

糖質制限というのは、「免疫向上」に関する本質を含んでいるようです。

血糖値が高い、または急激に高くなるような食生活を続けると、内臓や血管が弱り、免疫力が低下して、その結果、糖尿病はもちろん、ガン、心筋梗塞や脳卒中、アレルギーや花粉症など多くの病気を発症します。

たとえば、ジュースやお菓子、アイスクリームはもちろん良くありませんし、砂糖を料理に使うことや、小麦粉を原料としているパンや麺類、またイモ類などの炭水化物を積極的に控える方が良いですね。

 

また、これは農業生産者にとっても重要な部分ですが、食事から多くのミネラル(微量要素)を取れるように努力しなければなりません。(そのような作物の育て方は、また後日書きたいと思います。)

お米は、できるだけ玄米か3分づきくらいにして、ミネラルの豊富な栽培法で育った野菜や海草を食べるように意識したいですね

 

また油脂は、料理を美味しくし、重要なエネルギー源でもありますが、オリーブオイル、アーモンドオイル、ベニバナ油やグレープシードオイル、MCT(中鎖脂肪酸)などの油を選択した方が良いですね。なかでも、EPAやDHAという青魚に含まれる油は、積極的な摂取が勧められています。

詳しくは、「ケトン体」に関する書籍を一読されることとお勧めします。

 

3.体を温めること

特にお腹を冷やすことは、良くないですね。免疫力の源は、お腹(腸)ですので、温かい食べ物を食べたり、体を温める食材(生姜やにんにく、トウガラシなど)を大事にしたいものです

また、お風呂で十分に温まることも大切ですし、体が温まるような軽い運動習慣を持つことも大切なポイントですね。

ちなみに、お風呂と言えば、石鹸・シャンプーですが、髪や肌の美しさを保つためには、石鹸(シャンプー)で極力洗わないことも大切と言われています。それは、肌や髪を守っている微生物を殺し、保湿成分を洗い流してしまうためです。

これは、歯磨きも同様で、歯磨き粉は基本的に使うべきではないようです。虫歯や知覚過敏の元凶ということが分かってきています。気持ち悪いという方は、昔ながらで「塩」で磨くくらいがちょうど良いのかもしれないですね。

 

現代の潔癖思想、清潔思想は、微生物との共存という大切なテーマを無視した、とても自分勝手な考え方です。

サンビオティック農業でも大切にしている、微生物との共存という考え方は、いま最も重要な生命感です。私たちは、だれも一人で生まれて一人で生きている人はいませんし、無数の微生物や生きもの(食べ物)のお陰で生きていますよね。多くの生命が有機的につながって生きているわけですから、むやみに殺菌すれば良い、害虫を殺せばよい・・・という考えは、やはり間違いだと思うのですよね。

人間の腸内も、肌や髪も、そして植物も動物も、微生物とともに生きてこそ、その生命力をもっとも引き出せるんですね。

 

 

今回は、私たちの健康という話題をテーマに、最新の研究者の成果をご紹介しました。とはいえ、実は本当に一番大切な健康のポイントは、ずばり「笑顔」かもしれませんね!なんと言っても「病は気から」ですからね!

 

今年も、皆さまが、日々笑って楽しく農業ができますように、お祈りして新年のあいさつと代えさせて頂きます。

微力ながら、本年も精一杯応援させていただきたいと思います。

宜しくお願い致します。

 

/社員一同

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/675

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2017年1月10日 19:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「恭賀新年」です。

次のブログ記事は「本格にがりで、立派なイチゴができました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。