今こそ、微生物資材・微生物を利用した農業技術を考えよう!

| トラックバック(0)

バイオテクノロジーファーミング、といえばかっこよいですが、微生物農法といえばちょっと胡散臭い?

 そんな人も多いかもしれませんね。そんな人は「いろいろ微生物資材」を使ったけど効かなかった。 という経験があるからそう思うのかもしれません。でも、よーく考えると微生物と農業は深い深いつながりがあって、 切っても切れない関係であることは教科書にも載っていることですね。間違いなく、微生物は植物の生育にとって大切なパートナーです。でも、 それを上手に使う技術がなければ、意味のないことですね。

微生物農業は、昔から行われてきた技術

 昔ながらの農業のイメージとは、なんですか?農薬や化学肥料がなく、堆肥やぼかし肥が肥料の中心でした。 ワラやカヤなどの枯れ草を敷いたり落ち葉を入れたり、米ぬかやふすまなどの有機物をたっぷり与えていました。有機物は必ずよく醗酵させ、 病害菌や雑草の種を除く作業が行われていました。土壌にはたっぷりと有機物があり、農薬も使わないし、輪作や混植が普通だったので、 土壌にはバランスが良く、非常にたくさんの微生物が活躍していたというのは、容易に想像できますね。だからこそ、 発根がよくミネラルや栄養を十分に吸収して生き生きと育ち、農薬を使わなくても大丈夫なくらい、病害や害虫が少なかったのでしょう。そこに、 間違いなく微生物の働きがあったことは確かです。農薬と化学肥料に頼った今では想像もできませんが、土壌微生物がきちんと働けば、 植物は本来の免疫力を発揮し、農薬が減るということは確かです。

土壌微生物は、植物に何をしているの?

 土壌微生物には、一般に次の働きがあります。

  1. 土壌中の有機物や肥料を分解しながら、より吸収しやすい形で肥料成分(窒素やリン酸など)を植物に供給します。 植物が直接は吸収しにくい栄養素も、微生物が働くことで肥料の吸収を助ける重要な働きです。特にリン酸は、 微生物が働かないとほとんど効きません。
  2. 微生物は、生きるうえで必要なアミノ酸やたんぱく質や、酵素、ホルモン物質を生産しています。そういった分泌物質の中には、 サイトカイニンやオーキシンなどの植物ホルモンに似た作用を持ったものがあり根の発根を強力に促したり、栄養を供給します
  3. 土壌微生物には数万種とも数十万種とも言われるほどの種類がいます。いや、もっとそれ以上でしょう!そして、 それらの微生物がひしめき合い、エサを奪い合い、生存競争を繰り広げているわけです。土の中にも生態系があると考えれば良いでしょう。つまり、 微生物が豊富に生きている土壌では、ある特定の微生物が大繁殖することはありません。だから、 土壌病害菌が畑を食い荒らしてしまうことはないのです。(ただし、未熟堆肥を大量に施用すると、 悪い微生物フザリウムが大繁殖しますから、「エサ」にも注意が必要ですね。)
  4. 土壌団粒化を促進することは周知の通りです。 微生物が有機物を分解し、粘着性のある分泌物を出すことで土が小さな団子状になり、排水性がよく、かつ保水性が良いという、 不思議な土を作り上げます。根の発育に重要な、土壌物理性の改善をすると同時に、 土壌団粒は微生物の住みかとなり、さらに微生物の豊富な土壌を作り上げます。

これからの農業、微生物を利用するときのキーワードは「種類」と「スピード」!

 有機栽培では、良質な有機物を存分に施用し、徐々に土壌団粒化と微生物の豊富な土を作り上げます。もちろんそれだけでは、 品質の良い農産物はできません。肥料成分やミネラル(微量要素)などの成分も必要です。それは、1年や2年でできることではないですね。 お金もかかりますし、5年や10年をかけて理想の土作りをする方も多いものです。

 しかし、そんなに待てないのが「現代」。バイオテクノロージーが発達した現代では、 幸いなことに植物の生育を助ける善玉微生物といわれるものの代表的なものはすでに解明されています。 その善玉微生物を上手に使うことができれば、もっと簡単に、お金をかけずに、スピーディーに農業に生かすことができます。「微生物資材」 というものを利用する方法です。微生物資材をうまく使うことができれば、数年分の土作りに匹敵する効果を生み出すことができます。 そのときに重要なのは、微生物の「種類」と「スピード」です。有用微生物の種類は、多いほど良い。 そして有用微生物の繁殖や分解のスピードは、 速いほどよい。という考え方です。

菌力アップ」は、 「種類」と「スピード」にこだわった画期的微生物資材!

 私たちの開発した菌力アップは、これまでの「効かない」 「圃場によって効果がばらつく」「高い」「使いにくい」という、微生物資材の重要課題を全てクリアーした画期的微生物資材です。 その秘密は、分解スピードの速い微生物を厳選し、多種類で最適バランス化して資材化したこと!といえます。

 分解スピードが速いということは、土壌ですばやく広がり、有機物の分解を猛烈な勢いではじめます。このことが、微生物資材の「効果」 に直結するのです。上の微生物の働きの1-4を見るとその理由が分かりますね。分解力が速いほど、植物への効果が高まるのは当然です。 有用微生物として有名なEM菌には、主に分解スピードの遅い菌(嫌気性微生物)が含まれています。だから、 圃場によって効果がばらついたり効かなかったりします。菌力アップには、 その数十倍の分解能力を持つ菌を厳選しています。

 もうひとつは、多種類の微生物を配合していること。微生物は、土壌環境によってあるものは活躍し、あるものは元気を失います。 土壌環境は、圃場によって実に様々で、どの圃場でも活躍できる強い微生物というのはない、と言えるでしょう。だから、 菌力アップには、 様々な環境でも対応できるように250種類もの微生物を配合しています。これが、土壌微生物相のバランスを整え、 そしてどのような圃場でも効果が上がるように工夫されている秘密なのです。 いろいろな個性と能力を持った選手が詰め込まれたチームのようなものですね。単一種の微生物しか含まれていない微生物資材には、 できない仕事ができるわけです。

育苗・定植から試してみませんか?

定植後の活着促進  これからの育苗や定植後の活着促進に菌力アップで始める、 微生物農業を実践してみませんか?菌力アップをやるだけで、発根促進・活着促進による初期成育の違いが分かるはずです。 環境に優しい農業、安全で美味しい農業を実践するために、新しい微生物農業、試す価値があります!


 菌力アップの詳細なページはこちらをご覧ください。
 http://www.sunbiotic.com/shop/000033.html

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/480

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2008年3月17日 12:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハイビスカスロード」です。

次のブログ記事は「南日本新聞3月19日朝刊 産学共同研究の記事全文」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。