ゴーヤー栽培ネコブセンチュウ 産学共同研究が日本農業新聞に掲載されました!

| トラックバック(0)

日本農業新聞3月25日 ← クリックすると大きく見れます。

  日本農業新聞に、弊社と鹿児島大学、 鹿児島経済連とのゴーヤー栽培のネコブセンチュウ対策の共同研究についての成果報告会の模様が日本農業新聞3月25日付けの朝刊に掲載されました。 下記に全文をご紹介します。

ゴーヤー増収へ有効

微生物資材を科学的検証

[鹿児島]微生物を使ったゴーヤーの安定生産を目指して、2007年8月から続けられてきた産学協同研究で、 微生物資材の有効性が収量増で裏付けられた。鹿児島大学農学部で開かれた最終検討会で報告され、関係者は 「今後も同資材の使用方法など研究を重ね一層の収量アップを図りたい」としている。微生物資材はすでに多く市販されているが、 今回は公的機関による科学的検証を試みた。同大農学部土壌科学研究室のほかJA県経済連、JAあいら、 長崎の農業資材メーカーエイビーエスの4者が参加した。

 ゴーヤーはネコブセンチュウ害を受けやすいことから、同社の微生物資材「菌力アップ」による生産安定のメカニズム解明が目的。

 牧園町の生産者5人の連作地で、慣行区と微生物資材を投入した実証区を比較。結果、全ての実証区で収量が増え、 平均10アール当たり216キロだった。

 同研究室の境雅夫准教授は「現段階で増収効果のメカニズムは特定できない」と断った上で、 「資材が植物の健全な生育や抵抗力を向上させた可能性が高い」とみている。

 経済連野菜振興課の押領司祐一さんは「研究は有意義だっただけに、 これで終わらせず今後は資材の使用基準や農薬との併用方法など詳しく探り、効果的な使い方を確立したい」と語っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/484

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2008年3月25日 10:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鹿児島のブランド化をめざす「ゴーヤー」の生産安定産学協同研究成果検討会 平成20年3月18日」です。

次のブログ記事は「さくらのとき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。