アスパラ栽培に劇的効果!

| トラックバック(0)

アスパラ農家の田口さん

長崎県のアスパラ農家の田口さん。

 今年は、アスパラガスが生育不良で、収量が前年の6割にまで落ち込んでしまいました。天候のせいとはいえ、 生活に直結する厳しい状況です。

 ところが、同じ部会の仲間である相川さんは、前年と同じ収量を維持し、ニコニコと上機嫌。単価も上がっているので、 収入が増えているのです。

 相川さんに聞くと、その秘密はサンビオティック栽培でした。 そこで田口さんも早速サンビオティック資材を取り寄せ、緊急対策でリン酸・カルシウムの有機肥料「鈴成」をまき、 菌力アップ糖力アップの施用を実施しました。

上向きのアスパラ2

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、菌力アップ+糖力アップを潅水した列のアスパラです。一気に勢いを増し、葉に勢いがあります。 葉先がむくっと上を向いているのが分かります。素晴らしい生育に田口さんも満足。

 そして、もっとビックリしたのは、菌力アップ+糖力アップの潅注区

上向きのアスパラ

 

 

 

 

 

 

 

 見てください!葉全体が上向きに約30度立ち上がっています!
 アスパラは通常、葉が垂れ下がっているのが普通。まだ木が小さいとはいえ、こんなに葉が立ち上がるのは初めて見た! と田口さんも驚きを隠せません。

 根の周りに菌力アップと糖力アップを潅注すると、こんなにも元気になる、という典型例ですね。この調子なら、 今年の夏の収獲は期待できそう、と田口さんも笑顔になりました。

 今年からサンビオティック栽培を始めれば、 来年はもっと期待できます。
アスパラ栽培が楽しい! そんな声をもっともっと広げるために、サンビオティックをさらに普及していきたいと思います。

by なかはら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/495

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2008年6月 6日 12:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八代のい草 菌力アップで生育不良から回復しました」です。

次のブログ記事は「ミニトマトサンビオ栽培で感動が感動を呼ぶ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。