キュウリ栽培 べと病・うどんこ・菌核病から回復!

| トラックバック(0)

キュウリ複合病害

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは、熊本県のある農家さんのキュウリ農園で す。レタスの部会長を務めている熱心な農家さんですが、 夏の暑さのためと土壌環境が悪かったのでしょう。

キュウリ複合病害2

 

 

 

 

 

 

 

 

 ベト病や菌核病、 ウドンコ病など様々な病害がいっぺんに襲ってきました。複合的な症状で、 農家さんもなんの病気とは言えない、と言うほどひどい状況です。もちろん、 収獲はできません。回復も絶望的です。枯れてゆくのを見ているしかないのでしょうか。。。

 

 

 

 ところが、驚くことがおこりました!菌力アップに望みをかけて、 一株一株の周りに潅注作業を続けたところ、美しい新芽が上がってきたのです! キュウリの新芽

 

 

 

 

 

 

 

 数週間後、すでに病害に犯されたところは枯死していますが、なんと勢いのいいきれいな葉が展開してきました!これには農家さんもビックリ! 地道な作業が報われた瞬間です。
キュウリ花も咲いた

しかも、元気な花が咲きました。農家さんによると、肩のしっかり張ったまっすぐなキュウリが実ってきたそうです。

 

 

 

もう、ここまで回復してくれば大丈夫ですね。これからは、菌力アップを定期的に潅水するだけで大丈夫です。

キュウリ回復

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、植物のいのちは根。根を元気にすれば、 植物はおのずと結果を出します

今回も、菌力アップはその強い味方となりました。

by なかはら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/509

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2008年9月 8日 09:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いよいよみかんのシーズンが始まります!」です。

次のブログ記事は「土壌改良の本筋 放線菌を畑に増やす」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。