とちおとめ いちご栽培に効果あり!

| トラックバック(0)

 全国一のいちごの産地、栃木県に行って来ました。

 鹿沼地方や栃木市で、徐々にサンビオティック栽培が広がっています。まだまだ知名度がないですが、 一度使われた方は、一度使われた方のほとんどの方がリピートして効果を実感されています。

とちおとめサンビオ栽培

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは、鹿沼で育苗や本圃で菌力アップ糖力アップを使用しているSさんの圃場です。 経験と技術の高いSさんは、すでに定植してから3週間ほどが経つところです。一斉に力強く育っているのが分かりますね。

葉にもテリがあり、根がよく働いています。あと数週間するとマルチを張り、冬の到来と収獲への準備が始まります。

とちおとめ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 Sさんは、昨年はサンビオティック栽培を本格的に導入され、 3月まで増収を喜んでおられましたが、その後の油断からスリップスが止まらなくなり、 4月以降に失敗したとおっしゃられていました。その分、「今年は7トンは上げる!」と意気込みも十分。苗半作といいますが、 今年は菌力アップで育苗し、 とてもいい苗ができているそうです。これからが楽しみですね。

 

こちらは、壬生地方で高設栽培でとちおとめを栽培されているKさん。菌力アップを育苗から使い、今年も順調です。

高設とちおとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、サンビオティック栽培では葉のテリ、勢いが違いますね。

高設とちおとめ2

 

 

 

 

 

 

 

 

高設とちおとめ3

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも楽しみです。

今年は果実全般に、相場が低迷していますが、声を振り絞って言いましょう!

がんばれ とちおとめ!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/516

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2008年10月 2日 12:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋の到来 稲刈りと彼岸花とそば」です。

次のブログ記事は「古土の再生(リサイクル)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。