鹿児島のパッションフルーツに驚きました

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日、鹿児島県に視察に行ってきました。長崎県ではなかなか見ない、マンゴーやパッションフルーツの畑を視察し、とても勉強になりました。

パッションフルーツの実

みなさん、これがなんだかわかりますか?マンゴーの次に火がつくかもしれない南国フルーツ・・・。

そう、パッションフルーツです。めずらしいですね!ツヤがあって、大きさもかわいいサイズ。まるででっかい宝石のようです。

パッションフルーツの花  こちらが、パッションフルーツの花。パッションフルーツは、一本の結果枝の根本に近いほうから順々に花が咲き、順々に実がなっていくのです。3つのパッションフルーツがなっている枝の先端には、花が咲いている、という感じです。

パッションフルーツの花は、数日しか受粉期間がなく、受粉作業が主な仕事の一つだそうです。

なるほど、パッションフルーツの栽培は楽しそうですね。もともと病気や害虫に強いそうですが、きっとサンビオティックで栽培すれば、たくさん成りそうですね!

 

マンゴー

こちらはみなさんご存じですね?マンゴーです。一般にアップルマンゴーと言われるアーウィンという品種だそうです。

宮崎に負けじと、ネットで完熟まで待って出荷するそうです。宮崎産は、すごく高いですから、圧倒的に鹿児島産がお買い得ですね!!

鹿児島でもサンビオティックで、おいしい果物をどんどん増やしていきたいですね!!

 

by いくた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/529

コメントする

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2010年4月30日 14:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イノシシ、シカなどの鳥獣被害をストップ!」です。

次のブログ記事は「水田ガスわき害を止める技術」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。