水田に藻(アオミドロ)が発生しない不思議

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

水田には、たくさんの植物や生き物、微生物が生きています。

その中には、稲の栽培にとって有益なものもあれば、そうでないものもありますね。

無処理区の藻の発生

この写真は、その一例です。なにかわかりますよね?

これは、いわゆる藻ですね。

水田の水面や地面に緑色のかたまりのようなものが見えれば、それは藻です。

水田に発生する緑藻類には、代表的にはアオミドロやアミミドロなどが多いようです。これらは、日光を遮るために、水温の上昇を妨げ、稲の生育を阻害します。

除草剤などを散布して対応している方も多いですが、なかなか十分には防ぎきれないことがありますね。また、除草剤が稲や生態系へ与える影響も無視できません。

さて、どうすれば・・・とお困りの方には、ぜひこの情報が役に立ちます。藻の解決方法は意外と簡単なのです。

それは、水中に溶存している肥料成分を藻よりも先に食べてくれる微生物を活用することです。

そもそも藻の大量発生は、未熟有機物や肥料が多すぎることなどに原因があります。しかし、代謝が高く分解と増殖のスピードが早い微生物を活用すれば、藻の増殖は大きく阻害されるのです。

つまり、水質浄化パワーの強い微生物を使用することです。

IMG_0468 こちらは、アオミドロ藻の対策に菌力アップを使用した圃場です。上の写真は、その対照区ですが、藻の発生はほとんど見られません。もちろん除草剤は使用していません。上の対照区の写真と比べても、水の透明度の違いがわかると思います。

これにより、田植え後から生長期の水温上昇もスムーズ。生育も順調です。

菌力アップを使用した農家の不思議、アオミドロが発生しないというのは、目には見えない世界の弱肉強食のメカニズムだったんですね。

みなさんも田植え後には、ぜひご活用ください。

(施用方法)
田植え後 水口より菌力アップ20リットル/反を流し、2-3日止水する

by いくた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nwgt02.s136.coreserver.jp/mt-admin/mt-tb.cgi/531

コメントする

農業革命!農業資材のサンビオティック
サンビオティック オンラインショップ
農業革命!農業資材のサンビオティック ノウハウ手帳

このブログ記事について

このページは、管理者が2010年5月15日 18:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「水田ガスわき害を止める技術」です。

次のブログ記事は「バラ園芸家の注目アイテム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。